読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shimakumi's front

デザイナーやフロントやってて思ったことや技術のメモ

【Backlog】backlogのプルリクエスト機能

backlogのgit機能に、プルリクエストが追加されましたね、、。

(っていうかgit機能ついてたんだ!?って感じですけど)

詳しくは、こちらにも紹介されています。

Backlog の Git に、 待望のプルリクエスト機能が登場! - ヌーラボ [Nulab Inc.]

 

プルリクができるまではgithub圧勝だと思ってましたけど、

いよいよ、こうなるとリポジトリサービスどれがいいんだろう。。となります。

とりあえず、今回追加されたbacklogのプルリク機能についてgithubと比べて見てみました。

 

backlog gitのプルリクのいいところ

  • 日本語
  • 非エンジニアにも見やすいUI。みればわかる。
  • プルリクの行ごとにコメントだけじゃなくて、スターがつけられる(イイネみたいなやつ)コメントにもつけられる。
  • タスクと結びつけられ、プルリクもタスクとしてメンバーに送れる。

f:id:egokumi:20151106200841p:plain

 

△なところ

  • サービス自体が有料
  • 機能も多いけどgitHub等に比べると入力項目も多くごっちゃり。ボタンとかタブが多い。
  • そもそも課題管理のサービスなので通知や履歴はデフォルトだとgitとかタスクのやりとりとか色々混ざってる(ソートとかで設定はできます)

f:id:egokumi:20151106201623p:plain

 

githubのいいところ(なんか書くのも僭越ですが)

  • シンプルで見やすい
  • 軽い
  • 共有が容易にできる

△なところ

  • 非エンジニアには若干ハードル高いUI。英語。
  • プルリクに関しては機能は少ない。特定のメンバーに依頼するには別途指示が必要。

 

今回の結論を書くと、

プランナーとかデザイナー(非エンジニア)とかで構成されてて、しっかりタスクのやりとりも連携したいチームにはbacklogは結構向いてるかなと思います。

ほぼコードを書くのがメインの、開発チームはgithubの方がいいのかなと。

タスク管理機能との結びつけを使わないなら、backlogのgit機能だけ使う利点は少ないように思いました。

ただ、backlogやっぱり可愛いですけど。笑