読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shimakumi's front

デザイナーやフロントやってて思ったことや技術のメモ

【AMP】AMPってなに?

Google Search」の結果全体にAMPのサポートを拡大するプレビューを提供することが発表されましたね。
(これまでは記事ページのみでした)
(2016/08/2)

Official Google Webmaster Central Blog: AMP your content - A Preview of AMP'ed results in Search

 

AMPとはAccelerated Mobile Pages (アクセラレイティッド・モバイル・ページ)の略。
Googleが発表したモバイル端末でのウェブページの表示を高速化するためのプロジェクトです。

github.com


javaSvriptを使用しないなど、AMPの仕様に従って作成されたモバイル用の静的なページを、検索結果から高速で表示させてくれます。
また、googleの検索結果にカルーセルで表示されやすくなるとのこと。

→結果、多かれ少なかれアクセスが増えることが予測されます。
(しかしながら、検索順位で直接的に優位になることは今の所無いと発表されています)
ちなみに「カルーセル」ってこういうの

 

f:id:egokumi:20160803190031p:plain

 

AMP導入の利点

単純にデータ量が少なくなり表示速度が速くなることで、直帰を減らし回遊を増加させられる可能性がある。
検索結果のカルーセルに表示されることで、流入が増やせる可能性がある。
Google/Twitterにキャッシュされるため、二度目以降はwebへのアクセスすら不要

 △な点

実装のコスト。
元のページとほぼ同じ見た目である必要があるとのことなので、それをjavascriptも読み込みのcssファイルも使用せずに実装するとなるとそれなりの負担だと思われる。

実装することが完全なプラスになるかどうかは、
プロジェクトごとに違ってくると思いますが、

今回の、検索結果表示範囲拡大によって、認知必須の技術になってきたかと思います。